元気にシャキッと歩きましょう!

加齢とともに減少してしまう、クッション成分であるヒアルロン酸を補うにはタマゴサミンがおすすめです。
タマゴ基地が開発したタマゴサミンには新成分iHA(アイハ)+4つの成分が配合されていてクッション成分のサポートをしてくれるサプリメントです。
軟骨に含まれるクッション成分を保つことは節々の痛みに対する対策として注目されています。

世界初のうみだすチカラを持ったグルコサミンのサプリメント!

年齢を重ねるごとに増す体中の節々のツラーい悩み。
そんな悩みを持つ方々に、グルコサミンをはじめ多種多様なサプリメントが発売されてきました。
でもなかなか効かないなと思っていながら飲まないよりはと飲んでいる方、いらっしゃいませんか?
でもごめんなさい。そのサプリメントでは効果が不完全なのかもしれないのです。

◆たまご由来の新成分「iHA アイハ」配合サプリメント
関節のクッション成分をうみだすチカラに着目した、タマゴサミンは全く着眼点が違うサプリメントなんです。
従来のサプリメントは、クッション成分を作る材料だけを重視し、どんどん体に送り込んで摂取するように出来ていました。
身体がまだ健康な若年層はそれでも十分でしたが、どんどん歳を重ねると、加齢で減少するクッション成分補う「生産する機能」が弱っていき、材料があってもクッション成分はなかなか増えない事がわかって来たのです。それではまるで、作業員が少ない工場に、生産能力を超えた分の材料がたくさんある状態と同じなのです。そこでどうしたらクッション成分を増やすことができるのかという疑問には、作る能力をあげる必要があると言う回答にたどり着いたのです。
研究の結果日夜たまごの研究を行う研究所である、(株)ファーマフーズのたまご基地では、21日間で命が生れるたまごに着目し、たまごの中のうみだすチカラである「iHA」を世界で初めて発見。クッション成分の材料にiHAを配合を配合した結果、クッション成分産生促進実験によりその生産量はiHA添加量に依存し、およそ2倍のクッション成分の産出量が認められたのです。

◆クッション成分の材料にだってこだわるタマゴサミン
通常のグルコサミンの場合は、体に吸収された後にN-アセチルグルコサミンへと変換が行われ、軟骨や保湿成分の材料として利用されます。
でもこの変換作業は効率が悪く、変換後の材料であるN-アセチルグルコサミンへの変換率は低くなってしまい、利用率も悪くなると事が解かりました。
それ対しタマゴサミンに配合されているグルコサミンは最初からN-アセチルグルコサミンを配合しているので、そのままクッション成分の材料として利用できるため、グルコサミンと名前が付いていても利用される割合が高い材料となるのです。

黄身のたんぱく質から世界初の新成分「iHA」を取り出す事に成功した研究所のたまご基地では、クッション成分を効率的に生み出す効果が認められた新成分「iHA」と、今までよりも効率的な利用が可能なクッション成分の材料「N-アセチルグルコサミン」を配合したサプリメントを開発したのです。その結果、普通のグルコサミンの三倍のパワーを秘めたサプリメントとして生まれて来た「タマゴサミン」が、節々のつらーい悩みを持つ方々に効果を発揮してくれますよ。

タマゴサミンに含まれる成分ってなに?

タマゴサミンは、年齢と共に現れる膝の痛みの症状の改善によいと注目を浴びています。では一体、どんな成分がその改善の効果をもたらしているのでしょうか?タマゴサミンに含まれる成分についてご紹介します。

・注目される一番はiHA(アイハ)
タマゴサミンの名前には、タマゴと入っていることから、何か関連があるのは一目瞭然ですね。どんな関係があるかというと、タマゴサミンは、タマゴからヒヨコがかえる過程に注目をして、その成分を取り出して、サプリメントに使用しているのですね。タマゴからヒヨコにかえるのは、とても短期間で出来るそう。つまりタマゴの中にそれだけ成長する何かがあるということに注目をしたのですね。そして取り出された成分がiHAだったのです。
わたしたちの膝は、体重の負荷がかかるところです。しかも歩く時、座る時などよく使う部分でもあります。本来はその膝には、その負担を吸収し、動きをスムーズにしてくれるクッションがあるのですが、年齢と共にクッション成分は少なくなっていきます。そして軟骨同士が摩擦してしまうようになると、今度は日常生活に支障が出るほど痛みが出たりすることもあるのですね。そのためにそのクッションがとても重要なのです。
タマゴサミンのiHAはこのクッション成分の産生を促してくれるのですね。そのために毎日定期的に摂取すると、少なくなっていたクッション成分がだんだんと増えていき、痛みや歩きづらさから解放されるのです。

・N-アセチルグルコサミンも必要不可欠な成分
N-アセチルグルコサミンは、軟骨・保湿成分として利用されます。グルコサミンという言葉は知名度が上がり、よく効く言葉かもしれません。しかしグルコサミンとN-アセチルグルコサミンは異なるものであり、N-アセチルグルコサミンは、もともと体内に存在するものなので、グルコサミンよりももっと体内で直接的に活用できるのです。つまりサプリメントとしてとったものを、直接吸収し活用できるので、グルコサミンに比べ、吸収率が効果が現れやすいというメリットがあるのですね。

・ビタミンCと葉酸
ビタミンCは体内のタンパク質合成に必要なものであり、体の調子を整えるために必要なものです。葉酸は赤血球の形成を促す成分です。この二つは微量でありながら、体内で重要な役割をしています。これが不足すると体の調子が悪くなる、肌の調子が悪くなる、貧血になるなど、様々な影響が出てくるため重要な成分と言えるのです。