タマゴサミンの2つの主成分「iHA」と「N-アセチルグルコサミン」の働き

加齢とともに支障をきたし始める身体の動き・・・

若い頃は何も感じなかった「階段の上り下り」や「曲げ伸ばし」も、ある年齢を境に不調を感じ始めるものです。
その原因には「体内のクッション性の減少」そして「骨の異常」があります。タマゴサミンの主成分である「加齢による身体の不調」に効果的な理由、それはまずこの製品の1つ目の有効成分である「iHA(アイハ)」にあります。これまでのエイジングに対するサプリメントにも「クッション性の元となる成分」は多く配合されていました。
しかし、「元となる成分」は入っていても、「クッション成分を生み出す成分」が不足していることにタマゴ基地は着目しました。

そして、研究を重ねることによってタマゴの黄身のタンパク質に「iHA」という「クッション成分を作るための成分」があることを発見し、それを抽出することに成功しました。

タマゴサミンを摂ることにより、このiHAを多く摂取することが出来るので、曲げ伸ばしに必要な成分が「 約2倍」に増加するという事が明らかになりました。

さらに、タマゴサミンに含まれる2つ目の有効成分「N-アセチルグルコサミン」は、骨を軟らかくする働き、そして身体を保湿する働きを持っています。
N-アセチルグルコサミンは、この働きがなんと、通常のグルコサミンの約3倍!2つの有効成分を含んでいるタマゴサミンによって、「スムーズな動き」「身体に対してのストレスのない生活」を強力にサポートすることが期待できます。

タマゴサミン